スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
自慢のお客さま
ひろちゃん夫妻の作品、いよいよ終盤に入りました!

美園屋に屋根が出来上がり。
瓦一枚一枚の製作は、同じことの繰り返しでそれはそれは大変だったと思います。
お疲れ様でございます。
12002889_1171974432830636_7853298783897107264_n.jpg
12039704_1171974389497307_5572016460755710555_n.jpg
来週は、きっとこのわきにトタンがはられるかなぁ?
うちのトタンのペンキは、今剥げてきていますが...模型のトタンは綺麗に仕上げてね。(笑)

内看板はまさに当時のまま再現されています。
11083836_1171974399497306_4761462834850418088_n.jpg
1948044_1121929131168500_5404394564747533225_n.jpg

引き出しは開くは、鏡は角度も変えられる。電話の受話器も持ち上げられる。
全く、芸が細かいんですよ。
12009634_1171974342830645_3087021787066681466_n.jpg

外のネオン看板も当時の景気の良さをあらわしてますね。
大きなスーパーなどがなかったこの頃、ほんとうに商店街は活気がありました。
11998804_1171974416163971_8911599865204423009_n.jpg
11254159_1121929161168497_8393628526038122642_n.jpg

昭和30年代、いい時代でした。
たくさんのモノが生み出され、大切にされていました。

昔、靴下やズボンは継ぎ接ぎしたり、継ぎ当てしたりしてきたものです。
その継ぎがまたお洒落でした。
ひざっ小僧に子猫の継ぎ当て...かわいくって
そのズボンが大好きでした。
手芸屋だったから、人がまだ使ってないモノをいち早く身に着けられました。

懐かしい匂いが時々する。
昔の文房具、特に便箋やメモ用紙に描いてあるイラストを見たとき。
昔の少女漫画の付録に出会ったとき。
お絵かき教室に持って行っていたバンビのアップリケを見たとき。
リカちゃんのママの優しい顔を見たとき。

今、昔の幸せを懐古しています。
そして、今素敵なお客さまに囲まれ幸せです。

美園屋模型、
こんな作品を作って下さるお客さまって、
普通じゃない。
いませんよね?!

こんなお客さまが私の自慢です!
ありがとうございます。
2015-09-19 08:18 | ありがとう | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://misonoya117427.blog93.fc2.com/tb.php/593-ec0638a2
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--