謹賀新年
Image006~05

けまして おめでとうございます。
今年も園屋共々よろしくお願い致します。



1378431237_46[1]
2010-01-01 08:21 | ひとりごと | Comment(6) | Trackback(0)
Communicate出来る場所/Chanceはいつでもここにある
Image006~04

昨年、営業日最終にシルクボタンさんが
うちで購入の毛糸で作ったバックを見せに来てくれました。
この毛糸はリンパスの結構いい毛糸。
格安にするにはちょっと早かった?!?

なかなかいいサイズ。中の作りもよく考えてある。
使い易そうだった。持ち手も工夫されている。
色々感心していると、
側にいた別のお客さんが興味津々で、声を掛けてきた。

そんでもって交渉成立。
委託料はない。
うちはそれをしない。
自然がいい。
お客さん同士が仲良くなってコミュケートする場でありたい。

売る為に頑張って作る。
それもいい。
けれど、作った工程をワクワク語りたくなる。
そこに惹かれた人が声を掛けてくる。
そんな商品のやり取りが好きだ。

Image018~01
これはシルクボタンさんからのプレゼント。
毛糸を巻いて、少し手を加えた。
この毛糸はBlancheが以前くれたマフラー。いい色合いが出ています。
輪が大きいので飾りがもう少し大きいものにしないとバランスが取れない。
まだまだ手を加え、糸巻きなどの裁縫道具をデコレートしようと思っている。
来年の正月はもっと華やか。
お楽しみに!

2010-01-02 18:28 | 作品紹介 | Comment(4) | Trackback(0)
素敵なお客さま
Image012~02

新年早々に有難きかなプレゼントされたカレンダー。
シンプルさが堪らなくいいです。

このカレンダーを持ってきて下さった方は

自然な natural
純な pure
素朴な simple
清楚な neat
上品な elegant
ふわふわした(たんぽぽの綿毛のような)soft
温かな warmhearted
正直な honest
空気が澄んだ感じ clear

そんな方です。

彼女が来ると何故か彼女を取巻く日常を想像する。
旦那様は かなり愛おしく想う対象として
彼女を見つめているのではないだろうか。

日々の生活で彼女が発見してくるモノや出来事は、
たわいないけれど、それがまた気づきとなって
活かされるような気がする。

そんな小さな彼女の気づきは人にも生活にも潤いを与えているだろう。
美園屋に、私に与えてくれているように。。。

彼女との出会いに感謝です。

Respect!
Thanks a lot.
2010-01-07 13:43 | ありがとう | Comment(3) | Trackback(0)
しあわせなモノたち
CIMG0024_convert_20100110192023.jpg
この世に色々なモノがある。
価値あるモノや
価値がないとされているモノ。
世のの扱いに似ているのかなぁ。

価値を見出せる人間との出会いがあるか否かは
そのモノにとって大きな恵みだ。
活かされるか否か、
そんな人との出会いがあるか否かで、価値が変わってくる。

あわせな園屋の商品たち。
しあわせなモノ(もの、モノ、物、者)

どんなモノにも価値を見出せるそんな人でありたい。
CIMG0023_convert_20100110191634.jpg

この時代のモノを活かしてくださる賢いお客さまに感謝です。






2010-01-10 19:33 | ありがとう | Comment(7) | Trackback(0)
作りたくなるよ
Image010~04

昔の洋服、和服の作り方やデザインが紹介されています。
これで昔の洋服、和服が現代の布地で再現できますよ。
見てみると結構変わったデザインが多い。
現代人にとっては斬新なデザインだと思う。

デザインの勉強をされている方、
縫い物が好きな方、
古き時代を懐古されたい方、

れですよ!
カラーで100種類以上を紹介してあります。

和服はとってもカラフルできれい。
見ていても楽しいです。

Image008~07

実物大の型紙も沢山あり、すぐに作れる。

Image009~04

また、編み物の出来る方、好きな方が、
この本の中を見たら絶対編みたくなりますよ!
    実は何点か私も編みたい。

 昭和8年のモノです。
2010-01-12 06:00 | 古きよき時代 | Comment(2) | Trackback(0)
糸切りばさみ
Image011~02

きな葛篭とさな葛篭、
残念ながら『舌切り雀』のこの絵本は数枚しか残っていない。
小さな葛篭を持って行ったはずのおじいさんだが、
この葛篭、きい気がする。


糸切りばさみです。
注)雀の舌を切らないようにして下さい。
Image011~03



2010-01-13 07:40 | ひとりごと | Comment(4) | Trackback(0)
ラベンダー/みんとさん
私の友だちが夏に友だちを連れて来店してくれました。
そのときのお客さんのイメージは、ラベンダー
まぁ、こんな感じ。
     ↓
Image014~00~00

ラベンダーさんは、川越に住んでいて
更に情報を与えてしまうとFC2ブログもやっている。
私がこのFC2を始めたきっかけとなった人でもあります。

先日ブログでボタン入れなどを作った写真がアップされました。
彼女の一貫したセンスの良さ。
好きです!

GetAttachment[1]

      http://yamasan1480.blog66.fc2.com/
        リンクの【気まぐれ日記】
2010-01-15 07:30 | 作品紹介 | Comment(5) | Trackback(0)
お気に入り
ぴかちゅ里親募集のこの猫ちゃんたち、お世話することにしました。
ラBおやじ さんの作品です。
とってもかわいい仔猫たち。
カネゴン、ゴジラ。
とっても気に入ってます。

また、ピンクのDiary&MoneyBookに貼ってあるのは
さんの作品です。
リジナルばってんサクランボ海賊シール
今度イメージ伝えて美園屋シールも考えてもらおうかなぁ?!

Image008~01

携帯この携帯は、ーさ作。
優しげな馬の瞳に魅了されたのか、
しなやかなで、上品なボディーにか、
とにかく馬が好きらしい。

酒芸会のときに撮影いたしました。
のかわいいお客さま です。

Image005~01
2010-01-15 17:29 | 作品紹介 | Comment(8) | Trackback(0)
よき友、3つあり。そのうちの1つ。知識ある友。
私に届いたメッセージを紹介致します。

tu-34[1]_convert_20100117174043



大和魂や神道は、形を変えて、影を潜めながら、でも、脈々と続いていると思います。
色々な道の熟達がいらっしゃいます。 これだけ科学が発達しながらも、
未だに建築物は地鎮祭を行ってからだったり。 神棚があったり。
変なところでは、責任のとり方に自殺を選ぶ人が居たり。

日本神道って、教義や経典の無い、精神文化じゃないですか。
大昔の人の生き方が、この日本に合ったその方法が、絶えることなく脈々と続いている。
世界においての日本、その特殊性を私も勉強し始めました。こんな変な国は無いです。
そして、その日本人であることは、誇りが持てることですね

日本人は、何かを拒否し破壊するのではなく、受け入れ、
それを元々有ったものに溶け込ませ馴染ませてしまう
精神的な許容力を持っています。

だから、仏教や儒教の流入でも戦争は起きず取り入れられ、
キリスト教では島原で一揆がありましたが、
それでも、今ではすっかり日本に溶け込んでしまっています。

ただ、いくら素晴らしい発明や習慣があっても、
何故か私たちはソレに価値を感じることが出来ず、
他国から言われて初めてその価値に気づくと言う、
自己評価の低い国民性です。

そこら辺、なんだか変な具合にバランスが取れているなぁと。

このメッセージをくれた Ryuくんは現在イギリス在住。
彼とは時々MSNメッセンジャーでチャットをする。
彼との会話は私にとって、とっても有意義だ。
話しながらアイデンティティーを確認し合っているような気がする。

出会いとはすごいものです。
出会いたい人とは、必ず出会える。
引き寄せあうものがあるのだろう。


磁石のようだ。
みなさん、
引き寄せ合うパワーを感じる人がますか?!?
2010-01-17 08:33 | ひとりごと | Comment(2) | Trackback(0)
N郎♪さんDVD  はいから屋さんより
Image009~08

先日、いから屋さんから郎♪さんのDVDを
リクエストして分けて頂き、昨日お店で興味のある方にお渡し致しました。


音符かなりロン毛のちょっとスペイン系日本人男性客(かっこいい)さんがお持ち帰り、1号。

音符いつも来店してくれる癒し系看護婦さんがお持ち帰り2号。

音符元気ペコちゃん好きおばちゃんが3号。

音符10代のボタンを買いに来た女の子がお持ち帰り4号でした。



ご希望の方は、リンク先のはいから屋さんか
http://haikaraya70s.blog23.fc2.com/blog-entry-382.html
http://haikaraya70s.blog23.fc2.com/

彼女のリンク先N郎♪さんへお問い合わせください。
http://enurou.blog96.fc2.com/



Image010~06

注)このお客さんはお財布を出しておりますが、
   美園屋、断じてお金は取っていません。
2010-01-21 08:01 | お知らせ | Comment(6) | Trackback(1)
<Prev
01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--