昨日、友だちと車で美園屋へ向かった。
埼玉から約2時間の道のり。

彼女の81歳のお母さんも一緒。

トンボ返りだったけど、
おばあちゃんは楽しめただろうか???


自分の親と共に過ごしてきた時間は想い出となり、
今想うと、本当に親のことを知らない気がする。

「親が生きている!」っていいなぁ。
もし、生きていたら尋ねたいことが
少しあるんだけど。。。


2009-11-24 08:07 | 家族 | Comment(1) | Trackback(0)
お馬の親子
39390685_3761989199[2]_convert_20100214175942

この書はいつもコメントを下さる【とよ】さん(G)の奥様の作品です。

先日、Gの日記で奥様の書に一目惚れ。
母の教えを思い出した。


昔、私が子育てをしていた頃、
母が童謡『お馬の親子』の話をしてくれたことがあった。

「てるちゃん、この母馬のような子育て、人育てが、いいね。」って。

子供の
先に行くわけでもなく
あとから付いて行くのでもなく
いつでも一緒に

優しく
子供を見ながら
子供の歩調に合わせて
のんびりと
ぽっくり、ぽっくり
歩く


老後、
親は子のようになる。

私は2度子育て(人育て=自分育て)を試された。

精神的には大人の母だったが、
肉体的には今までのようには動けない母。

そんな時、のんびり、母を見ながら
ぽっくり、ぽっくり、
このお馬の親子のようにのんびりとした時間を
陽だまりの中で過ごしたことに感謝。

でも、時に急かすこと多々あり。
母との時間は、
常に反省の日々でした。

今もなお、
父、母は偉大です。

お母さん、ありがとう!
お父さん、また会おうね。
2010-02-14 18:00 | 家族 | Comment(7) | Trackback(0)
死んでいる
昨日は両親のお墓参りに行って来ました。
墓に想いはないので草むしりに行くと言った感覚です。

父は【死んだ】と言う表現が当てはまるけれど、
特に母は 【死んだ】 のではなく、
私にとって 【死んでいる】 んです。
いつでも ここにいる んですよねぇ。


spirit 008

Thanks!
Respect My parents!
2012-05-27 08:00 | 家族 | Comment(0) | Trackback(1)
暑中お見舞い申し上げます!
横浜中華街から...
暑中お見舞い申し上げます!

中華街

昨日は、横浜に住む姉の所へ妹と行って来ました。
姉妹で出掛けるのは久し振りですわ。



2014-07-27 06:56 | 家族 | Comment(0) | Trackback(0)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--